tiqisu.com

Topics

面接で不採用の時には理由は伝えられない

面接時の服装で迷った時の考え方 失敗は将来の成功に向けての糧になります。失敗できるときにどんどん失敗して、本番でしっかりと成功することができれば人生もうまく過ごせるかもしれません。しかし失敗の原因がわからなければいくら失敗をしても失敗し続ける場合があります。失敗の原因を知る最も良い方法は失敗した部分がどこにあるかを指摘してもらうことになるでしょう。

求人に応募するときには面接を行います。新卒や中途などいろいろなときに行うことになります。最初から成功する人は少なく、失敗に終わることがあります。つまりは採用されず不採用の連絡を受けることになります。この時不採用の原因がわかれば次の時にその原因を解消するように努力ができます。しかしわからなければそれをすることができません。

多くのケースでは不採用の結果は教えてもらえません。ですから原因がどこにあるかを知らないまま次に進むことになります。どうもらちが明かないなら就職課などで模擬面接を受けます。こちらは問題点を指摘してくれるためのもので、何か問題点があればその部分を教えてもらえます。それを参考にすることで本番に備えられます。何度か受けて問題なしになってから本命に受けに行くとよいかもしれません。

【参考】