tiqisu.com

Topics

できる限りの準備をしてから挑戦する面接

面接時の服装で迷った時の考え方 面接に挑戦する際は、できる限りの準備をしてからにすることをお勧めします。準備が不十分な状態で面接に挑戦してしまうと、質問に対して上手く返答できない可能性があります。たとえば、志望動機や自己PRなど、面接で質問される頻度の多い質問があります。これは、応募をしている以上、返答しなければならない質問です。ただし、面接の本番は緊張感を感じる場合があります。緊張を感じてしまうと、憶えていたことを忘れる可能性はないとは言えません。緊張を感じた場面で憶えていたことを忘れないためには、何度も練習を重ねる方法が効果的です。練習の回数が多くなれば、頭で考えるよりも先に体が反応します。そのため、緊張していたとしても、質問に対してしっかり返答できるようになります。ただし、これは、予想できる質問に対して有効な方法です。

面接で予想できる質問に対する答えを準備しておく他には、面接先の企業までの道中を調べ上げておくことも準備と言えます。所在地がわかる企業であれば問題ありません。しかし、時には訪れたことがない地域の企業の選考を受ける場合があります。企業までの道中を調べていない場合、道に迷ってしまい、面接に遅れてしまう可能性はあるので、事前に自宅から応募先の企業までのルートや時間を調べておくことをお勧めします。

【参考】