tiqisu.com

Topics

面接での緊張を抑えるための方法

面接時の服装で迷った時の考え方 面接は応募者が緊張する場面です。書類選考は、履歴書や職務経歴書の内容で判断されるだけなので、緊張するようなことはありません。しかし、面接は企業や面接会場に訪れ、面接官とやり取りすることになるため、緊張してしまうのは仕方ありません。緊張している中でも落ち着いて挑むことが大切です。ただし、緊張してしまった場合、頭の回転が普段より鈍ってしまい、面接官の質問に対するベストな回答が導き出せない状況はあり得ます。

面接官はたくさんの応募者に会っています。そのため、応募者が緊張することも頭に入っています。しかし、緊張しているからと言って、応募者に甘くするようなことはありません。甘くしたところで企業側にメリットは何もないからです。ですから、応募者は緊張を抑えることが大切です。緊張を完全に抑えることは難しいです。しかし、できるだけ抑えることは可能です。たとえば、面接の練習を重ねる方法は効果的です。疑似面接を受けたり、頭の中で面接のシミュレーションしたりなどは、面接に慣れることができるため、緊張を緩和できます。また、面接に成功することを考える方法も効果的です。つまり、ポジティブになれば、過度な緊張感を抑制可能です。

【参考】