tiqisu.com

Topics

長丁場になる可能性は考えられる面接

面接時の服装で迷った時の考え方 面接の時間は企業の判断によって異なるため、応募者はいつ面接が終了するのかはわからない状態です。応募者は、面接が終了する時間を気にするよりも、質問に対して良い回答をする心掛けが重要です。そのため、予想できる面接官の質問に対する回答を用意しておくことは重要です。ただし、予想できない質問も中にはあります。予想できない質問に回答するためには、様々な物事に関心を持つことが大切です。そうすれば、予想できない質問に対しても、良い回答をできる可能性は高くなります。

面接の時間は企業の考え方次第なので、数分で終了するようなこともあれば、1時間以上の長丁場になることもあります。数分で終了したからといって、不採用になるとは限りません。欲しい人材だと判断した場合は、数分の面接でも採用となる見込みは十分にあります。逆に、長丁場の面接で手応えを感じた場合でも、不採用になるケースはあります。そのため、面接の時間は合否に大きく影響するものではないと言えます。面接は時間ではなく、応募者の姿勢や質問に対する回答の内容が重要です。ですから、仮に数分で面接が終了してしまったとしても、悲観的になるのではなく、自分を信じてポジティブに結果を待つことが大切です。

【参考】